無題ドキュメント

マツダロードスター

ECU(NECE-1型)

低回転1500rpm
12.6kg/m→16.2kg/m 極低速時に4kg/mもトルクアップをしているところにご注目ください。低回転時のトルクはクラッチへの負担を減らし、アクセルを無駄に踏み込むこと無く車を加速させる事ができます。したがって燃費の向上にもつながります。

3000回転からの吹上り
16.0kg/m→17.7kg/m この段階のトルクを、すでに書き換えでは1500rpmで出している事にご注目ください。アクセル踏込み領域でのトルクアップ幅も一番大きく、加速時のアクセルワークに「よりダイレクトな」レスポンスを感じる事ができます。

5000回転からのパワー感
純正では急速に落ちていく出力ですが書き換えによってマイルドに安全にパワーに無理をさせません。結果、パワーの垂れ感も純正ほど気にならなくなります。

ROADSTER

ECU(NECE-3型)

ハイカムの効果は4000rpmから
ハイカムを入れただけでは上記ノーマル車両のパワーが比率でアップされているものの純正と同じような垂れ感が出てしまいます。(緑線はハイカム入り純正マップ)4000rpmからのトルク維持。これが書き換えで得られる効果です。

5000回転からのパワー感
純正では急速に落ちていく出力ですが書き換えとハイカムのリフトによってトルクを維持しつつ、もちろんエンジンに無理はさせていません。パワー全体では12馬力のアップですがドライバーさんの体感としては「もう一速上のギアが欲しい」と嬉しいコメントをいただきました。

ROADSTER

ROADSTER  (NECE-1型|NECE-3型 設定例)

純正 ECU書き換えメニュー 基本料金(税別) 備考
CPUプログラム変更 148,000円 ダイナパック使用 
エンジンノーマル車両の場合。
(その他の仕様は10,000円UP)
スピードリミッターカットのみ70,000円

こちらの2種類を同時

インストールの場合は+10,000円
(合計80,000円でできます。)

スロットルマップ変更 70,000円
  • ・MT/AT問わず可能。
  • ・業販も承ります。また店舗での出張セッティング可(出張交通費別途実費)。
  • ・ECU単体でのデータインストール可。料金は上記と同じ。